現代印象派

Modern IMPRESSIONISM

-KOH-の作品は現代印象派というジャンルに属する。

現代印象派とは現在確立しつつある新しいジャンルの絵画のことで、ギィ・デサップなどが代表的な画家である。

 

昨今、純粋な絵画が減りつつある中、風景画を中心に印象的かつ革新的な表現に挑む。

風景に「意味」を持たせる

ー作品に込められたメッセージー

-KOH-の作品は単に綺麗なだけの風景画ではない。

それぞれの作品全てにメッセージが込められている。

 

例を挙げると「Spectrum」というシリーズの作品は

「光源とその光を反射するものとの関係性」を

「人と人との関わり合いの様子」に重ねて表現している。

 

『光を反射するものがあるから人は何倍にも輝く』

 

このようなメッセージが他の作品にも勿論込められている。

 

 


哀しみに立ち向かえる絵を

ー存在しない光を描くー

当然、人生を生きるということは楽しい事ばかりでは済まない。

生まれた環境、避けようのない哀しみなど

人は誰も哀しみを背負いながら生きている。

 

-KOH-の人生もまた簡単な状況ではなかった。

哀しみの中で希望を見失わないために描かれた『存在しない光』それが-KOH-の作品制作のルーツとなっている。

 

 

『どんなに厳しい状況でも「光」があれば進んで行ける。たとえそれが幻だったとしても。』